おじさん・おばさん達の吹奏楽奮戦記!Season2!?
しがない流しのアマチュア打楽器奏者が綴るおじさん・おばさん達の吹奏楽奮戦記!
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平成19年度 第13回 東関東吹奏楽コンクール 一般の部・職場の部 詳細&レポート!
今日はすごく長いのでポチッとを最初に持ってきました。(笑)
ご協力頂ける方は宜しくポチッとお願いします!


ランキング参加中です!
FC2 Blog Ranking ←ぜひぜひポチッと一押しお願いします!


昨日のブログは結果速報だけですみません。
何せ、朝から行って夕方まで音楽を聴き続けてさすがに音疲れ?してしまい
帰ってきて結果速報をアップしただけでダウンでした。(苦笑)

さて、コンクールなんて中学校を卒業して以来無縁だったのでワクワク感と
自分が出演する訳でもないのに朝から軽い緊張感。(笑)

まず、何に驚いたかと言うと、会場の川崎市教育文化会館ですが、団体が入れ
替わる時や演奏前の緊張感のある一瞬の静寂の時に控えている団体のチュー
ニングの音やリハーサルの音がなんとステージまでしっかり漏れてくるという
事です。
こりゃさすがに頂けなかったです・・・・はい・・・・
まぁ、古いホールだから仕方がないのかもしれませんが、何か緊張感がそがれ
るようで非常に残念でした。

今年の一般の部の出演団体は22団体。
その中から全国大会の切符を手にしたのは2団体。

まずは課題曲ですが
【Ⅰ】ピッコロマーチを演奏した団体が1団体。
【Ⅱ】コンサートマーチ「光と風の通り道」を演奏した団体が4団体。
【Ⅲ】憧れの街を演奏した団体が6団体。
【Ⅳ】マーチ「ブルースカイ」を演奏した団体が9団体。
【Ⅴ】ムジナ・アラビーを演奏した団体が2団体。
でした。
自由曲つにいては、中橋愛生氏、清水大輔氏、樽屋雅徳氏、真島俊夫氏、
天野正道氏、八木澤教司氏、長尾淳氏と日本人作曲家の曲を22団体中8団体
が取り上げ演奏されました。
それと、22団体中、18団体が現存している作曲家の曲を選んでいました。
今まで数多く演奏されてきた「ローマの祭」や「ガイーヌ」「サバの女王ベル
キス」などが演奏されなかったのは最近の傾向なのでしょうか・・・・

そんな中、9/5のブログに書いた私が注目していた3団体。
まず1つ目の団体、横浜ブラスオルケスターですが、惜しくも金賞代表は掴め
ませんでしたが、自由曲で演奏したグレアイムの交響的情景「地底旅行」は、
とても熱いものを感じる演奏で個人的にはとても印象に残り好きでした。
2つ目の団体、相模原市民吹奏楽団は見事に金賞代表とゲット!74名という
大編成のスケールを生かして演奏された自由曲「ウインドオーケストラのため
のマインド・スケープ」はダイナミック、且つ、繊細な部分も上手く表現された
素晴らしい演奏でした。12月2日に第43回定期演奏会が開催されるので
行こうと思いきや、私達の団体の本番も同日で行けません。残念・・・・
お近くの方は是非行ってみてはいかがでしょう。
そしてそして、今回私が最も注目しいてたソレイユウインドオーケストラは
創立2年目にして、初出場ながら難関神奈川県大会を突破し、東関東大会に
駒を進めての銀賞は立派と言っても過言ではないでしょう。
実は、注目していたにも関わらず、この楽団の音を聞いたのは初めてでしたが
自由曲で演奏された「リバーダンス」はこの楽団の音にとても合っていたよう
に思いました。(中にはこの音でこの選曲?という楽団も・・・・)
今回は銀賞という結果でしたが、まだ創立2年と若い楽団ですから、これから
も注目、応援していきたいと思います。
ちなみに「銀賞」と発表されて団員から「うぉー!」と声の上がった団体は
ここだけでした。(笑)

他の団体にも触れてみたいと思いますが、ちょっと違った視点から。
金賞代表をゲットした神奈川県代表グラールウインドオーケストラも相模原市民
吹奏楽団と同じく80名という大編成でしたが、この団体、7~80名の大編成
で出場した楽団の中で、唯一、打楽器(鍵盤を除く)を最上段に配置した楽団
でした。(だったと思います)
配置と言えば、千葉県代表で金賞受賞した光ウインドオーケストラは最上段に
ホルンを配置していました。
配置と言えばもう1つ。
ティンパニを雛壇に上げずに、平場に設置した団体がいくつかありましたが、
金管がパワフルなパワーを持つ団体だと残念ながらティンパニの音が金管群に
のまれてしまっていた団体もありました。
やはり配置の妙という事もあるのでしょうか。

そういえば最後の最後にハプニングが1つありました。
コンクール終了後の挨拶時に何とフライングで1団体目の結果がスクリーンに
映し出されてしまいました。
どの団体も結果発表を期待と緊張で待っている中での凡ミス・・・・
今後このような事がないように大会関係者はもう少し気を遣ってもらいたい
ものです。

結果的には昨日報告した通りで神奈川県勢の大編成楽団が金賞代表の1,2
フィニッシュでした。
神奈川県勢の結果は金賞3(代表2含む)、銀賞1、銅賞3。
千葉県勢の結果は金賞1、銀賞5。
茨城県勢の結果は金賞1、銀賞1、銅賞3。
栃木県勢の結果は金賞1、銅賞3。

来年は3出1休の土気シビックウインドオーケストラが戻って来ます。
さて、来年の東関東大会はどんなドラマが待ち受けているのか!!!

結果詳細は下記の通り。

一般の部
 1.千葉県代表 アルファモニック吹奏楽団 銀賞
   課題曲【Ⅳ】
   ウィズ・ハート・アンド・ヴォイス
   ギリングハム作曲
 2.神奈川県代表 湘南交響吹奏楽団グランドシップ 銅賞
   課題曲【Ⅰ】
   「パリのスケッチ」よりⅠ、Ⅳ
   エレビー作曲
 3.茨城県代表 古河シティーウインドオーケストラ 金賞
   課題曲【Ⅲ】
   科戸の鵲巣-吹奏楽のための祝典序曲-
   中橋愛生作曲
 4.神奈川県代表 横浜ブラスオルケスター 金賞
   課題曲【Ⅳ】
   交響的情景「地底旅行」
   グレイアム作曲
 5.栃木県代表 小山市交響吹奏楽団 銅賞
   課題曲【Ⅱ】
   ジェリコ
   アッペルモント作曲
 6.栃木県代表 宇都宮ウィンドクルー 銅賞
   課題曲【Ⅳ】
   管弦楽のためのジョージ・バーナード・ショウ的素描より「メジャー・バーバラ」
   ウォルトン作曲
 7.千葉県代表 習志野シンフォニックブラス 銀賞
   課題曲【Ⅳ】
   「インプルーヴィング・ダンス~4つのエピソード~」よりⅠ、Ⅲ、Ⅳ
   清水大輔作曲
 8.神奈川県代表 ウインドオーケストラ音秘 銅賞
   課題曲【Ⅴ】
   バレエ音楽「ラ・バヤデール」より18,6,10,39
   ミンクス作曲
 9.千葉県代表 光ウィンドオーケストラ 金賞
   課題曲【Ⅱ】
   「交響曲第3番」よりⅠ、Ⅲ、Ⅳ
   バーンズ作曲
10.神奈川県代表 Oak Wind Symphony 銅賞
   課題曲【Ⅳ】
   マリアの七つの悲しみ
   樽屋雅徳作曲
11.茨城県代表 ひたちなか交響吹奏楽団 銅賞
   課題曲【Ⅳ】
   交響曲第2番「キリストの受難」
   フェラン作曲
12.千葉県代表 アンサンブル・市川 銀賞
   課題曲【Ⅲ】
   すべての答え
   清水大輔作曲
13.茨城県代表 関城吹奏楽団 銀賞
   課題曲【Ⅳ】
   鳳凰が舞う 印象、京都、石庭、金閣寺
   真島俊夫作曲
14.神奈川県代表 グラール ウインド オーケストラ 金賞代表
   課題曲【Ⅳ】
   ファントム・ドゥ・ラムール
   天野正道作曲
15.茨城県代表 日立市民吹奏楽団 銅賞
   課題曲【Ⅱ】
   地底都市「カッパドキア」-妖精の宿る不思議な岩
   八木澤教司作曲
16.栃木県代表 矢坂ウィンドオーケストラ 金賞
   課題曲【Ⅲ】
   ジダス
   ドス作曲
17.千葉県代表 習志野ウィンド・オーケストラ 銀賞
   課題曲【Ⅱ】
   楓葉の舞
   長生淳作曲
18.神奈川県代表 相模原市民吹奏楽団 金賞代表
   課題曲【Ⅲ】
   ウインドオーケストラのためのマインド・エスケープ
   高昌帥作曲
19.栃木県代表 宇都宮音楽集団 銀賞
   課題曲【Ⅴ】
   ウィズ・ハート・アンド・ヴォイス
   ギリングハム作曲
20.神奈川県代表 ソレイユ・ウィンド・オーケストラ 銀賞
   課題曲【Ⅳ】
   リバーダンス
   ウィーラン作曲
21.千葉県代表 船橋市交響吹奏楽団 銀賞
   課題曲【Ⅲ】
   ロシアとキルギスの民謡による序曲
   ショスタコーヴィチ作曲
22.茨城県代表 水戸交響吹奏楽団 銅賞
   課題曲【Ⅲ】
   アルメニアン・ダンス・パートⅠ
   リード作曲

職場の部
 1.NEC玉川吹奏楽団 金賞代表
   課題曲【Ⅳ】
   「スラブ舞曲第2集」より9、10、15
   ドヴォルザーク作曲


良くここまで書いたねぇと思ったらポチッとお願い致します!

ランキング参加中です!
FC2 Blog Ranking ←ぜひぜひポチッと一押しお願いします!


スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/09/25(火) 17:20:19 | | #[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。