おじさん・おばさん達の吹奏楽奮戦記!Season2!?
しがない流しのアマチュア打楽器奏者が綴るおじさん・おばさん達の吹奏楽奮戦記!
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ずっと昔に小鳥の勉強で使われてたなんて、ちょっとメルヘンな話だよね!(笑)
どもっ
会社から帰ろうと思って時計を見たら、2時を指していてビックリだった銀の助です。
一瞬、何で2時を指したまま動かないかわからずにフリーズしちゃったよ。
って、電池が切れて止まっちゃってたのよねぇ~。(苦笑)
だけど、ちょっと電池を入れに行っている時間がなくて、3日間も動いてない時計をして
ますけど何か????????????????(自爆)
つ~~か、動かないから時計をしていても仕方ないのはわかっているんだけど、朝、気付
くと、ルーチンワークでいつの間にか時計をしている銀の助なのでした。。。。(自爆)
間違ってもボ○老人ではないので、そこんとこヨロシク!

さて、指揮者の佐渡裕さんも大得意な言うリコーダーの話を。(笑)
銀の助達が小学校の頃は必須だったコーダー。(縦笛の事ね!)
今の小学生も変わらず必須だとは思うけど、多くの人が、人生で一度は演奏したことある
楽器がリコーダーなんじゃないかなぁ。
でも大人になってリコーダーを演奏することや演奏してる人を見ることって少ないよね。
勿論、リコーダー奏者としてとっても活躍している人もいるし、リコーダーアンサンブル
もあったりするけど、何となく小学校で音楽を勉強するための楽器っていうイメージの方
が強くない???
で、数ある楽器の中から、小学校ではどうしてリコーダーが選ばれたのかと言うと・・・・
小学校の学習指導要領の中では、3~4年生でリコーダーを演奏することを推奨していて
これは子どもの発達段階を考えての事なんだって。
第一段階として低学年で習ったカスタネットやタンバリンなどのリズムをとる楽器、次の
ステップとして、指の使い方や呼吸の仕方、旋律を学ぶことにふさわしい楽器のひとつが
リコーダーと言う訳。
それとともに、リコーダーには小学校で扱いやすい長所として持ち運びをしやすいこと
丈夫なこと、安いことなどが利点としてあって、且つ、口をつけて演奏する楽器だから
どうしても1人ひとつ持つ事を考えると個人で持ちやすい方が良いでしょと。(笑)
そんな訳でリコーダーが選ばれたのでございましたぁ~~!
ちなみにリコーダーは元々「小鳥に歌を教えるための道具」だったと言われているのよ。
12世紀ごろのヨーロッパには、捕まえた小鳥たちを集めて美しいさえずりで人々を楽し
ませる芸人が人気だったんだけど、そんな彼らが小鳥たちに上手く歌うよう教えてた道具が
リコーダーだったんだそうだ。
当時は「record=さえずり」と言う意味があってリコーダーと呼ばれるようになったんだ
ってさ。
子どもたちが習うよりずっと昔に、小鳥の勉強で使われてたなんて、ちょっとメルヘンな
話だよね!(笑)



ランキング参加中です!
FC2 Blog Ranking
↑↑↑↑↑↑↑↑
リコーダーって小鳥たちに上手く歌うよう教えてた道具だったんだね!知らなかったよん!(笑)
のポチッと一押しお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング ←こちらもポチっと!(笑)




スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
今日の話は、とっても
利口だ~!!!

今日の話はプリントして保管しておこう。
プリンターはリコーだ!!!

い、以上…
2011/06/24(金) 23:08:18 | URL | タマーズ雅 #-[ 編集]
>タマーズ雅さま

えぇ~~と。。。。
どうしてくれようか!?(爆)

2011/06/25(土) 11:51:44 | URL | 銀の助 #XJOASOY.[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。