おじさん・おばさん達の吹奏楽奮戦記!Season2!?
しがない流しのアマチュア打楽器奏者が綴るおじさん・おばさん達の吹奏楽奮戦記!
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あまりに疲れすぎて体が動かず、頭も回らずで、時間がかかってしまった。。。。(疲労汗)
どもっ!
日曜日は1日料理をしていた銀の助です。
マジで1日台所に立ってたからね。
ほんと「俺は料理人かよっ!」って、感じだったわ。(苦笑)
まずは、コンテストに応募する料理をブランチを兼ねて作って、写真を撮影して、嫁と
味の確認をして、これで良いね!なんて話をしながら食べて、ごちそうさま!とな。
これでやっとこさ、レシピ作りも終わるぜ~~と思った所で。。。。
あっ、とうもろこし入れ忘れた!!!!と気付いた銀の助。
したら、嫁が入れなくても良いんじゃない??
てか、入れた事にしちゃえば!?って・・・・
そりゃ、どう考えても写真を見れば1発でわかっちゃうからねぇ。
それにこのレシピでとうもろこしの存在意義は結構大きいから、材料から外す事も出来ない
って事で。。。。
急遽、作り直し。(自爆涙)
その為に、近くのスーパーに買い出し。
でもって戻ってきてすぐに仕込みに取りかかりやした。(汗)
今回のコンテストに出す料理は意外と下ごしらえに手がかるからねぇ。
何せナスを5mm角に切って揚げたり、枝豆を茹でて鞘から出して薄皮を取り、でもって
一番大変なのがトマトコンソメのジュレ作り。
透明に仕上げる為に、材料を入れ中火にかけた鍋をひたすらかき回すのじゃ。(大量汗)
それも中火にかけて沸騰するまでかき回し続けるから、30分以上軽くかかる。
この作業は暑いわ、疲れるわ。。。。
まぁ、この作業をしないと透明に仕上がらないから仕方ないんだけどね。
んで、ジュレの原液が出来て普通だったそのまま自然に冷まして冷蔵庫に入れるんだけど
そんな事していたら、1日かかっちゃうから氷水を用意して、急冷して冷蔵庫にぶっ込み。
とここで、本当は嫁と一緒に先週買ったTVの割引の関係で家にあったDVDレコーダー
をY電機に持っていく予定だったんだけど、嫁一人で行ってもらう事に。
ついでに夕食と常備菜の買い物もして来てもらう事にしたから、急いでメニューを考えて
食材をピックアップして嫁を送り出し。(超汗)
で、コンテストの料理の下ごしらえを続け、ジュレが固まったのを確認して、いよいよ
盛りつけ作業。
そして、出来上がったのがこちらっ!

コンテスト

「ひんやりライスと夏野菜のカレー風味 トマトコンソメのジュレ添え」
冷やしたライスと夏野菜をカレーパウダーでまとめて、回りにトマトドレッシングを添えその上にトマトコンソメジュレを。
で、アクセントにチーズのチュイルを飾ってみたよん!
と、こんな撮影が終わった所で、買い物から嫁が戻ってきて、間髪入れずに常備菜作り。
そろそろ常備菜作りもしんどくなって来たから止めようかと思ったりもしてるんだけどさ
なんて思いつつ作ったのはこちらっ!

ナス

豚

いわし

豚肉とナスの梅みそ炒め、豚肉の酸っぱ辛味炒め、いわしの梅煮。
って、梅メニューがダブっているのに気付いたのは作り終わってからですけど何か?(爆)
ちなみにいわしの梅煮はコンテストの料理の仕込みをしながら作ったんだけとさ。
で、そのまま休む間もなく夕食作り。
今回は簡単に出来る物をチョイスしたつもりだったんだけど疲れすぎて体が動かず、頭も
回らずで、時間がかかってしまった。。。。(疲労汗)
出来たのはこちらっ!

夕飯

鰹のたたき、鶏とトマトのオイスター炒め、コンテストの残り食材を使ったサラダ。
これを食べ終わった時点でエネルギーゼロ。。。。
つ~~こって、21時半過ぎには風呂に入って撃沈しましたとさ。



ランキング参加中です!
FC2 Blog Ranking
↑↑↑↑↑↑↑↑
1日台所に立って料理してたんだね~!って、とうもろこし入れ忘れたのは完全に自爆だな!(爆)
のポチッと一押しお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング ←こちらもポチっと!(笑)



スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。