おじさん・おばさん達の吹奏楽奮戦記!Season2!?
しがない流しのアマチュア打楽器奏者が綴るおじさん・おばさん達の吹奏楽奮戦記!
201701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201703
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
凡人のおっさんにはよ~~わからんけど、、、、(←凡人じゃなくて変人の間違えじゃ!?爆)
どもっ!
突然だけど、目の錯覚を使った絵や写真とかを見た事がある人も多いと思うけど、その中
でも「チェッカーシャドー錯視」と言うのがあるの知ってるかな。
これはエドワード・アデルソン博士と言う人が1995年に発表したのじゃ。
下を見てもらった通り大きな正方形のなかに小さな白色と灰色のタイルが交互に配置され
ていて左端に黒い円柱が置かれてるでしょ?
この円柱の影の中心に置かれた白いタイルと、端に置かれている灰色のタイル。。。。
実は「同じ色」というのが、ネタあかし!(笑)
って、書いて説明されても、どう見ても白と灰色にしか見えないよねぇ。
本当に不思議でしょ~~!

んで、この「チェッカーシャドー錯視」を実写版で再現した場合、本当にこんな目の錯覚
は起きるのか!?
youtubeで実際に模型を配置し、その仕組みを証明しているのであ~る!



ひとりの女性が、先述の通り中央の白いタイルを灰色のタイルに重ねると、あら不思議!
ほらほら色が同化しちゃってるでしょ~!
逆に灰色を白い方に持ってきても同じ。
全体的に視ると、全く違う色なのに本当は同じ色という衝撃の事実、と言うか、恐るべし
目の錯覚!(汗笑)
目の錯覚を利用した絵や動画って騙されているのかすでに分かっていても、何で何でぇ~
ひっかかってしまうところだよね。

ちなみに、この錯角を見出したエドワード・アデルソン博士は、マサチューセッツ工科大学
で視覚に関する研究をしていて、著書は何と100冊を超 え、2007年には米国科学
アカデミー、2010年にはアメリカ芸術科学アカデミーに選出されている、米国を代表
する研究者なのだ!
しかし、こういうのってどっから思いつくんだろうか。。。。
凡人のおっさんにはよ~~わからんけど、、、、(←凡人じゃなくて変人の間違えじゃ!?爆)



ランキング参加中です!
FC2 Blog Ranking
↑↑↑↑↑↑↑↑
何か目の錯覚って面白いし、偉い先生が研究しちゃうくらい奥深いものなんだね~!(笑)
のポチッと一押しお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング ←こちらもポチっと!(笑)



スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。