おじさん・おばさん達の吹奏楽奮戦記!Season2!?
しがない流しのアマチュア打楽器奏者が綴るおじさん・おばさん達の吹奏楽奮戦記!
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おじさん・おばさん達の吹奏楽奮戦記!その2!
前回の続き!

先生を囲む会から数ヶ月後のとある夏のこと・・・・
都内某所に5人の人間が集結した。
(もちろん、酒は欠かせない・・・・笑)

Nさん(後の団長)
「みんな、本当に音楽やりたいと思ってるのかなぁ」

銀の助
「先生を囲む会の時、結構、あちらこちらでそんな話が
 出ていたみたいだけど」

K氏(OB会の重鎮で後の金管セクションリーダー)
「出てたなぁ、意外ともう一度楽器を触ってみたいと言う
 奴らは多いんじゃない?」

Nさん
「実は、面倒を見ている小学校の管楽器クラブが前から
 演奏会をしたいという話が出ているのだけれど、レパ
 ートリーが少ないし、子供達の演奏だけでは時間が
 持たないから実現されてないんだよ。で、もし、大人の
 人数が集まるのなら父兄有志という事で演奏会に参加
 しちゃうって言う手があるんだけどどうだろう?」

G氏(OB会の元会長で後の常任指揮者)
「学校側は何て言っているの?」

Nさん
「学校側に軽く打診してみたら、前々から演奏会をしたいと
 言っていたから反応は良かったよ」

Tさん(後のマネージャー)
「まぁ、学校側は問題ないとしても、あとは人が集まるか
 どうか・・・・」

G氏
「別に完璧な編成で無くても良い訳だから、せっかくの機会
 だしやってみようか?」

一同
「やってみます?」

G氏
「じゃぁ、まずOB会のMLに流して参加を募ろう。あとは
 各世代事に声をかけて1本釣り!高校、大学の仲間なんか
 にも声をかけてみよう。Nは学校と話を詰めてみて。」

銀の助
「下の世代はどうします?声をかけまか?」

G氏
「もちろん!それは銀の助の方で声をかけてみて!」

と言う感じて人集めが始まったが、無論、そんな簡単な話では
なかった。私はまず、メールアドレスを把握している同期、
後輩達にメールを流しでみたが参加したいと言う返事は極少数。
あとは「やってみたいけどブランクが長すぎて自信が無い」と
言う返事で、多くの人は「子供が小さいから」「仕事が忙しい
から」などという返事だった。「参加したい」と返事をくれた
人には友達にも声をかけてもらうようにお願いし、「ブランク
が・・・・」と言う人達には一人一人に「多くの人がそうだから
心配しないで是非参加を」とメールを送った。

その秋・・・・・
中学の先輩、同期、後輩、その伝、地域の父兄等20名弱の
仲間が何とか集まった。その内、現役で楽器を吹いている人は
極わずかで、大半はブランクが20年を軽く超える者が強者達!?
がほとんどだった。(笑)

そして、いよいよ練習が始まったのだか・・・・

次回へ続く。

ランキング参加中です!
FC2 Blog Ranking ←ポチッと一押しお願いします!
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。