おじさん・おばさん達の吹奏楽奮戦記!Season2!?
しがない流しのアマチュア打楽器奏者が綴るおじさん・おばさん達の吹奏楽奮戦記!
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログで時事問題は書かない事にしているんだけど、音楽に関する事だから今日は特別。
どもっ!
昨日のメインディッシュがシシャモ(偽物)だった銀の助です。
最近、魚を食べてなかったから、夕食は魚料理が良いなぁ~なんて思っていたら・・・・
出てきたのがシシャモだった!?
てか、魚ってシシャモの他にもあんじゃねぇ????心の中でつぶやいた銀の助。
しかし、シシャモが8尾、皿に載っている感じは、なんともわびしいのぉ・・・・(涙笑)

さて、今日はちょっと真面目に時事問題について。
基本、このブログでは時事問題は書かない事にしているんだけど、音楽に関する事だから
今日は特別。
と言うのも、昨今話題になっている事業仕分けで文化予算縮減や事業廃止が盛り込まれた
んだけど、もし、これがそのまま通れば、日本の多くのオーケストラ(特に地方)は危機
的状態に陥るであろうと・・・・
詳しくは下記リングの3番目の「文化関係1-独立行政法人日本芸術文化振興会」と4番
目の「文化関係2-芸術家の国際交流等(芸術家の国際交流、伝統文化こども教室事業、
学校への芸術家派遣、コミュニケーション教育拠点形成事業)」参照。

文部科学省の「行政刷新会議事業仕分け対象事業についてご意見をお寄せください」

評価コメント読んでみるとなるほどなぁと思う所もあるし、こりゃいくら何でも乱暴だろ
って所もある。
確かに、すべからくお金をかければ良いと言う時代ではないよね。
こんなご時世だから自助努力も必要だし、無駄があるなら省かなければ思うけど、それに
しても国が文化や芸術に結果や収益性だけを求めるって次元も違うんじゃないのかなぁと
思う訳よ。
他にも評価コメントを読んで思う事は色々あるけれど、少なくてもこのまま行けば日本の
クラッシックシーンは少なからず打撃を受ける事は間違えないでしょう。
と言う訳で、音楽を嗜む端くれとして、超微力ながら出来る事があればと言う事で・・・・
以下は、銀の助が愛読している札幌交響楽団のチェロ奏者、荒木均さんのブログから抜粋
しました。

札幌交響楽団チェロ奏者 荒木均さんの「ビールの友」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回の「事業仕分け」作業の主旨は「すべてが公開される」ということに尽きるそうだから、
この"結論"を叩き台と見て、これに対して国民皆で意見を言っていけばいい、ということなんだろうけど、
しかしですね、私に言わせるとあまりにもトンチンカンな叩き台だと思います。
そもそも、財を一旦集めて、公益性は高いけど収益性は低い教育や福祉などに、再配分する
のが行政の役割なわけですよね?
そこにきて、
「芸術は自己責任。(中略)しっかりしたマーケティングで興行可能」
「本来の事業目的からずれている。いまさら必要ない」
「(中略)現在の成果目標では終わりが見えないのでスタートさせるべきではない。」(なんで?)
(すべて上のURLの事業仕分けの評価コメントから引用)
そういう個人の感想みたいんじゃなくてさ、行政本来の立場で考えてくんないかな・・、
と思うわけです。

札響は文化庁の予算で、北海道・東北エリア津々浦々、遠くは甲信越や中部まで行って
小学校で音楽教室してます。
2002年の破綻以降は、オーケストラ本体が行く前に小人数の別働隊が行って、ワーク
ショップで子供たちと触れ合います。これをやると、本体が行った時には既に生徒たちの
期待は最高潮に達しているわけです。
プログラムも、キタラのファーストコンサートと同じ曲目で、クォリティーも札幌の大人
向けの演奏会と遜色無いものを企画して行っているつもりです。
音楽教室といえでも丁寧に丁寧に作り込んでいるわけです。(主催は違うけどkitaraでやる
ファーストコンサートをご覧になったことある方はお分かりいただけると思います)
その結果、訪問した小学校の子供たちから、学校単位と言わず、個人と言わず、感想や
感謝の手紙を常時たくさん貰います。(下の写真・今日事務局で撮ってきたもの)
どうです? この可愛らしい手紙たち。ホントに励まされます。
これでも公益性低いって言うのかーー (ノ`Д´)ノ-----┻┻ -3-3
こうした事業は、文化庁の予算があるから成せることで、興行的にはまったく成立しません。
猿が考えたって分かります。
こういうことを実現するのが行政の役目です。
仕分け人に「必要ない」だの「興行可能」だのポンポン言われるのはとても心外です。

こないだ科学関係の予算が削減されるというので、ノーベル賞の先生たちがTVで怒ってる
のを見ました。
その成果か、「科学関係の予算を削るなー」というメールは担当窓口に10000件くらい
来てるそうです。
教育関係の予算は1000通くらい。芸術関係はほぼゼロ・・(゜ロ゜;


道の予算が削減されて、来年度から文化庁の音楽教室もなくなったら、マジメに危ないです。
正直危ないのも困るけど、こうして取り組んできた事業が全否定されるのは本当に悔しい
思いがします。


そこで!
みんなーーーー! 文部科学省にメール出してくれーーー!! お願いだー!

=============================================================
☆☆下記の要領でメール送信をお願いします!!☆☆

文部科学省宛てにメールを2通出してください。(詳しくは前回のブログをご覧ください)

1通め
件名:事業番号「4」事業名「文化関係1-独立行政法人日本芸術文化振興会」
内容:『芸術創造活動特別推進事業助成金の削減・廃止に反対します。』という一文を入れて
    構成してください。この一文だけでも構いません。

2通め
件名:事業番号「5」事業名「文化関係2―芸術家の国際交流(学校への芸術家派遣)」
内容:『プロ・オーケストラによる本物の舞台芸術体験事業の廃止に反対します。』という
    一文を入れて構成してください。この一文だけでも構いません。

二通とも宛て先は下記です。
アドレス:nak-got@mext.go.jp 担当官:中川正春 後藤斎
==============================================================

締め切りが15日までと言う事なので、ご協力頂ける方は宜しくお願いします。



ランキング参加中です!
FC2 Blog Ranking
↑↑↑↑↑↑↑↑
事業仕分けは、色々な所で、色々な意味で、嵐を巻き起こしてるよねぇ・・・・(苦笑)
のポチッと一押しお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング ←こちらもポチっと!(笑)



スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
真面目に語る。

今まで音楽に関して、これを演っている人間以外は、全くの無関心だった訳です。

確かに音楽を含め芸術には、評価が困難な部分は沢山あります。

今回の事業仕分けは、内閣の命を受けて、真面目に財政削減を考えた事業仕分け人が考えた結果です。

いろいろと意見は有ろうと思いますが、
文部科学省が、その意義について、如何に分かっていたかについて疑問が残ります。

本来、その意義を理解しているなら、きっと予算削除になる事は無かったでしょう。

だから、文部科学省は、仕分け人を非難する前に、もう一度、音楽の社会的な貢献を考えるべきでしょう。

銀の助さんへ

こんなマジネタ止めて~
2009/12/09(水) 19:32:08 | URL | タマーズ雅 #-[ 編集]
>タマーズ雅さま

年に1回くらいは真面目な事書かないとね!(笑)

2009/12/09(水) 21:17:39 | URL | 銀の助 #XJOASOY.[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。